toggle

ヨガセラピーとは

* ヨガセラピー(ヨーガ療法)とは・・・


インド・ヒマラヤで行じられてきた伝統的ヨガには、厳しい生活環境に身を置く行者達が培ったストレス対処法がたくさん伝承されてきました。
そうしたヨガの技法を科学的な研究をもとに、一般の人や疾患を持つ人でも安全に取り組んで頂けるよう改良されたものが
ヨガセラピーです。

身体機能の回復のみならず、精神的な健康を向上させる方法としても、また生活習慣の改善や
病気の予防、人間関係の改善など日常生活にも応用可能です。
近年では東日本大震災被災者への支援、2008年から継続されているチェルノブイリ原発被害者への効果研究発表や大規模災害の後遺障害に対する医学部との共同研究も進んでいます。さらには厚生労働省の研究助成を受けた九州大学による有害事象の大規模な調査研究も行われました。
世界で出されている多くのエビデンスに支えられ統合医療の代表的な療法の一つとして認知されるようになりました。

★厚生労働省 統合医療情報サイトヨガに関するエビデンスレポート

 

* ヨガセラピーができること・・・

なんとなく感じる不調から現代病の疾患まで、多くはストレスが原因と考えられます。
その根本的な改善には私たちのストレス対処能力の向上が必要不可欠で、
そのためには ”今“ の自分を知り、変化や困難に柔軟に対応できる
心と身体を作る必要があります。

自己コントロール法セルフマネージメント法として

ヨガセラピーを日常に取り入れていただくことで、ご自分を意識する習慣が身に付き、心身の変化や不調にいち早く対応できるようになります。呼吸や感情、心の状態に対する気付きが良くなり、客観的にご自分を捉える力が身に付きます。その結果、感情や思考に振り回されにくくなり、ストレスを上手にマネージメントしていくことが可能になります。

心理療法として

西洋医学に解剖学、東洋医学に陰陽五行があるように、ヨガセラピーには独自の人間観
病理論、治療/指導論、技法論、哲学があり、身体的、精神的、社会的健康だけではなく
スピリチュアルな健康をも増進させていくことが可能な健康法です。
また、心の癖や思考の癖を修正していく自己制御法としても効果が確認されています。

★ヨガセラピー(ヨーガ療法)は統合医療として認定されています。

 

* ヨガセラピーの目的とは・・・

WHOが定義する、肉体的、精神的、社会的、宗教的なレベルにおいて
調和の取れた健康へ近づけていくことがヨガセラピーの目的であり本質です。

肉体的レベル

*筋力・体力の強化・骨密度の向上
*アンチエイジング効果
*自律神経、ホルモンバランス、免疫力を整える
*健康維持・疾患の予防

精神的レベル

*リラクゼーション効果
*落ち着きのある心
*ストレスの軽減
*集中力の向上
*視野が広がる

社会的レベル

*良好な人間関係
*環境への適合

宗教的レベル

*人間としての成長

 

*ヨガセラピーの効果・・・

下記のような各種疾患をお持ちの方に有効です。

『循環器系』     本態性高血圧 冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)など
『消化器系』     消化器潰瘍(胃、十二指腸、腸)過敏性腸症候群など
『呼吸器系』     気管支喘息 過換気症候群など
『内分泌・代謝系』    糖尿病 甲状腺機能亢進症など
『神経・筋肉系』     片頭痛 チック、痙性斜頸など
『皮膚科領域』    アトピー性皮膚炎 円形脱毛症など
『整形外科領域』   関節リュウマチ 腰痛症 全身性筋痛症など
『泌尿器科領域』   夜尿症 遺尿症 神経性頻尿 遊走腎など
『産婦人科領域』   更年期障害 月経痛 月経異常 月経前症候群など
『小児科領域』    気管支喘息 過敏性腸症候群 神経性食欲不振症など
『耳鼻咽喉科領域』  メニエール病 アレルギー性鼻炎など
『歯科・口腔外科領域』 顎関節症 三叉神経痛など

上記のような疾患でお悩みの方が健康回復、症状緩和のために
ご自分で実習いただけるヨガセラピーの技法を各クラスでお伝えしています。
どのような状態、どのようなタイミングでも初めて頂けます。

 

ヨガセラピーを始めて頂く際に参考となる資料です。
★ヨガセラピー利用ガイド

ヨガセラピーがメディカルヨガとして医療の分野で活用されている参考サイトです。
厚生労働省 統合医療情報発信サイト
★海外がん医療情報リファレンス ヨガ関連記事

(社)日本ヨーガ療法学会では以下の、統合医療研究に参画しています。

1)2010年から開始されたキエフ在住のチェルノブイリ被曝事故被害者の皆さんへの
ヨーガ療法指導とその健康回復効果調査研究(ライプチッヒ大学)
2)ヨーガ療法の有害事象調査研究(九州大学)
3)慢性疼痛へのヨーガ療法指導効果調査(明治国際医療大学)
4)地域におけるホリスティックプロモーションプログラムの開発研究(日 赤鹿児島)
5)マタニティーヨーガの効用(宮崎県立看護大学)

ヨガセラピーの歴史についてはこちらです。
★ヨガセラピーの歴史

ヨガセラピーの活動分野についてはこちらです。
★活動分野