toggle
2015-04-26

誰にでも分かる解剖生理1日目♪~自律神経

 

こんばんは、ガンツヨガです。
つづきまして、3コマ目!

 

【誰にでも分かる解剖生理学 1日目】 自律神経

 

杏衣加さんいわく、

”大なり小なり現代人は自律神経失調症”

言いえて妙。
思わず唸ってしまう。
原因不明の体調不良を経験されたことのある方、相当数いらっしゃるはず。

 

様々な不調の症状は、カラダからのSOSサイン。
ホメオスターシスに危険が及んでいる証です。
その危険を真っ先に感知している避雷針的存在が自律神経。

 

ご存知のとおり自律神経は交感神経副交感神経で成り立っていますが
なによりバランスが命。

どちらかに片寄れば不調が起き、やがては疾患を引き起こします。
日々忙しく生活している現代人は、交感神経優位の状態。
常に戦闘態勢ですから、心もカラダも疲弊しているんですね。

01312e17adc81b9a3721b5f568455579187ed9bc74

症状として表れているうちは対処がしやすいのですが
疲弊が進み体感として感じられなくなれば、失体感症(アレキシソミア)・・・・
やがては心身症へと繋がってしまいます。静かに忍び寄る恐怖です。

 

ここでもやはり生活習慣が肝となるわけですが

 

*どのような睡眠を取るべきか
*最大の自律神経ケアはなにか
*消化管と四大臓器との関係
*妊活中の女性は特に気をつけるべきお話 etc

を・・・・・

01bb6eaf820826aa734d053c523e6a6de9bf76416a

時に細胞・・・・
時に血流・・・・
時にタ○タ○・・・・

 

これが噂のあいか劇場♪
師匠、動きが早すぎて着いて行けませぬ。
淡白な名古屋人も、堪え切れずに爆笑の渦♪♪♪

 

百聞は一見にしかず
100冊テキストを買うより1回のセミナー!!

 

今回、ご参加が叶わなかった皆さん、
機会があれば・・・・なんて言ってられません、ホント。
人間ならば知っておくべき解剖生理ですぞ!

2日目に続きまーす☆

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA