toggle
2015-04-27

誰にでも分かる解剖生理2日目♪~ホルモン

 

こんにちは、ガンツヨガです。
初日の興奮冷めやらず・・・・

 

017b9c8c767851c90b644c4cdce6dab8b829db58c5_00001

 

今日も無事にセミナーを終えられるように
東区徳源寺で手を合わせて・・・・
の2日目スタートです。

 

【誰にでも分かる解剖生理学 2日目】 ホルモン

焼き肉屋さんでビール片手に、煙と格闘しながら頂くものとは別で
ホルモンとは内分泌、カラダの働きを微量で調整する繊細な油。
感情、ストレスととっても密接な関係があるもの。

01e96561b378f39056bce9de6425cc3675729f059a_00001

 

 

興味深いことに、ホルモンの指令系統は絶対的。
あいかさんいわく

【ホルモンは株式会社カラダの子会社】

上司からの指示がないと絶対に働かない昭和なシステム。
う~む・・・言いえて妙。

 

視床下部(会長)

下垂体(社長)

各刺激ホルモン(営業部員)

・・・・こんな感じで働いているんですね。

 

0142d524ff8caa2c2fb54452ae8603d344914461ab

この指令系統を見ると
ストレスが及ぼす影響だったり
どうして良質な食べ物を摂取しなくてはならないかとか
冷えを軽く考えてはいけない理由

 

・・・・などなど、そうだったのか!が見えてくる。

 

なかでも、ガンツ的、本日イチバンの”そうだったのか!”
閉経後、中年女性がオヤジ化する理由。
これもやっぱりホルモンの仕業だったから。

 

閉経後、女性ホルモン

エストロゲン

プロゲステロン

に替わって

アンドロゲン

なる雄性ホルモンが台頭するそうな。
文字通り雄性なわけで・・・・

 

高速道路のパーキングエリアのお手洗いに殺到するとか
お手入れ簡単だから大仏さんみたいなパンチパーマあてるとか
モーニングでランチタイムまで居座ってメニューに文句つけるとか
地下鉄で席の確保にかばん投げるとか

目を見張る行動力は、雄とか雌とか超えてる気がする。
もはや別の生き物。

 

ホルモン、恐るべし・・・・

 

それにしても、難解な解剖生理がこんなにもすんなり頭に入ってくるのは
やっぱりシンプルで基本に忠実だから。

そして、愛があるから♪

講座中に伝えて下さるコネタの数々もそうですが
心に響くあいか語録が素敵なんです。
(参加者特典ね♪)

 

馬金食品さんのカラダに優しいお弁当を頂いて
午後からもガンバリマッス♪

0111ffe658a720a77eddc3be54f20ce2c67bd0e4a7_00001

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA