toggle
2014-12-07

目からウロコのワンディセミナー@一ノ宮

 

こんばんは、ガンツヨガです。

2014年は学びの年!
兎にも角にもモリモリと、インプットの1年にすべく
本日は一ノ宮~!

 

おまたぢから®の総長、立花杏衣加師匠が一ノ宮にやってくる!
今回はおまたの講義ではなく

【ママのための免疫とワクチン】
【食品の選び方とコドモを病気にしない食べ物の選び方】

の二本立てセミナーでした!

01a258bc08ba0ca0b3458757c05aeaf6228f6478bc

おまた総長(笑 のあいかさん。
分かりやすく、とても丁寧に伝えて下さいます。

 

私は昔からワクチンの存在を胡散臭いと思っていました。
製薬会社の陰謀そのもの・・・・
小さい頃に強制的に打たれてしまったものは仕方がないけれど
少々智慧が付いて自分の意思で選択できるのならば絶対に不要だと。

それは誰に教わったのでもなく
自分の身体の反応から出した答え。
身体にはなにかしらの治癒力があるのではないかと感じていたからです。

でも、小さなお子さんにはその智慧がない。
お母さんが守ってあげる必要がある。

【無知は罪】

とても重い言葉でした。

 

あいか師匠、ズバリ断言して下さいました。
”子宮頸がんワクチンとインフルエンザワクチンは絶対打っちゃダメ!”

 

ヨーガ・セラピーでしつこくお伝えしますが
人間の身体には素晴らしいシステムが存在するんです。
それは生体恒常性、ホメオスタシス。

外界の条件が変動しても体の状態や機能を一定に保つ働きのことです。

自律神経、ホルモン、そして免疫。

この三本柱のお陰で、多少の不具合はあっても私たちの身体は一定に保たれています。

 

免疫のシステムがしっかりと働き、細胞が正常に保たれるのが37度。
50年ほど前の日本人の平均体温だったそうです。
現代人はかなりの低体温ですね。

便利、清潔、簡単
あえてこの逆を暮らしてみること。

食事、睡眠、心の安定、運動、多少の不便さ・・・・・
これらが実は、本来の意味の健康と幸福感に
繋がっているのではないかと思います。

 

ワクチンを打つ前にホメオスタシスが正常に働く身体を作ること。
何かに頼ることなく、自分の力を高めること。
これで疾患はほぼ防げると思います。

 

0156a4b9175f97887702b01d6f199d774e99b54c48

優しい味のお弁当。ミニケーキも付いてました♪
招致メンバーのあたたかな思いやりも感じました。

 

012a1fc8e25eb73479b0877c3872d785f4a274db76

”師匠、出そうです。”
”うえっ!出してきてー”の図。

あいかさんセミナー@一ノ宮で検索して頂くと
他のご参加者さんのレポートが出てきますよ。
みなさん、とても上手にまとめていらっしゃいますので是非♪

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA