toggle
2015-09-14

病気のプログラム

 

本屋さんで目にした、スタイリッシュな真っ赤な一冊。
ぱらぱらと捲っていて飛び込んできたのがこのページ。

 

0125892be205699c802f633ecec1a53d1a25340e56

 

敗北を避けるために、時に人は自ら病気になる。

『病気でなければできたのに・・・・』

そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。

 

 

これはアルフレッド・アドラーの言葉。
アドラー心理学の生みの親です。
最近、かなり注目されていますね。

 

 

まさに病は心が作り出すものだと伝えています。
そしてこんなフレーズも・・・・

 

01ede4cee5e1c331bccbee35e8cef20cfee54fb568

 

感情を排泄物と捉える
なんて斬新で刺激的♪

 

怒りが沸々と沸いてきても

 

”あぁ、これうんち!いらんいらん。”

 

ふふふっ・・・
なんだか怒っているのがバカバカしくなっちゃいません?

 

アドラー心理学では、
人間の問題はすべて対人関係上の問題であると考えているので
こんな思考でいられたら、
心を病んで病気と言う安全地帯に逃げ込む必要もなくなる。

 

さて、その心の正体とは?
これはまた次回に・・・・

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA