toggle
2016-12-03

シニアヨガ|思わぬ気付きがなんとも素晴らしかった一件。

 

kaz_p102026yjyhfg0_tp_v

 

この冬一番の冷え込みとなった水曜日。
欠席される方が多いかなぁと思っていたら・・・・

”おはようございまーす!”

次々と元気な声が響いて、ヨガ会場となっている和室は
あっと言う間に賑やかに・・・・

クラスが始まる前には、早めにお越し下さった生徒さんと
あれこれ話に花が咲きます。

じっとしていてもなんの解決にもならない??気づきの瞬間。

穏やかで、背筋がぴんっと伸びて、
とても美しいKさん。年齢を感じさせない素敵な方。

夏ごろから様々な症状が出てしまって
お辛い時期が続いていました。
ちょっと自信もなくされているような状態で・・・

ところがこの寒い水曜日
一番乗りでお越し下さって、開口一番

『先生、身体って動かしながら治すんですねー!』

・・・人生の大先輩から先生と呼ばれてるのは未だ慣れない(涙
でも、ヨガの世界に生まれたのは私が先だから♪って。
これも豊かに生きていらっしゃる皆さんのお知恵。素敵でしょ!

へっぽこヨガセラピストVSお医者様。どっちの声に耳を貸す??

そうなんです。
どこかが痛くてお医者様に掛かると、年齢も考慮に入るのか

『安静にしていて下さい。』

・・・と言われてしまう。
でも、身体は安静にしていても治ってくれない・・・とガンツは思う。
(症状によりますが。)

動けるなら、動かせるなら、動いて身体の声を拾う。
これが1番の治療法だと自ら気付かれたんですね。

気付きは修正の始まり。

身体はいつでもサインを出しています。
その小さな声をちゃんと拾えるように
ヨガセラピーでは静かに客観視を続けます。

オシャレなヨガではないけれど
ポーズがメインではないけれど

こころとからだの一体感や
こころが本来の自分ではないことの気付き

とっても深い幸福感が得られる
それがヨガセラピーの強みです。

 

01b6b5f1c47c232185718fa0361f684656f9b3bc54

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA