toggle
2015-08-13

蓮の花の意味

 

 

夏生まれのガンツは、結構暑さに強いのが自慢でしたが
今年の夏は、湿気が強烈でなかなか調子が出ません・・・・

 

お盆が過ぎると、季節は一気に秋へと向かいます。
先日の立秋以来、夜には虫の声が聞こえたりして
自然界は着実に秋へ向かっていますね。

上手に変化と調和をして、実は厄介な季節でもある
秋を乗り切りましょう♪

 

さて先日の誕生日に、早起きをしてご祈禱をして頂きました。
導きの神様、三重県鈴鹿市の椿大社にて。

 

0119113911c8e6093a5f608f8493903191d9e0ff77_00001
 

 

 

 

 

 

 

社務所の入り口にちいさな蓮の花を見つけました。

 

0111015142a0669fccfb66ae941135d720ec357cb8

 

 

 

 

 

蓮の花は泥水の汚れ具合によって、
ますます大輪の花を咲かせると言われます。

お釈迦様のイメージが強い花ですが
清楚で凛とした雰囲気に穢れを払いのけるような強さを感じます。

 

大輪の花を咲かせるためには汚れた水が必要。
人生で花を咲かせるためには苦悩や迷いこそが必要。

避けて通りたいような辛さや悲しみほど
人生を豊かにさせる宝だとヨーガの智慧にも記されています。

 

悟りは差取り

 

と言われます。
差を取り払ってしまうこと。

 

私たちは差の世界で生きています。

 

良い悪い
好き嫌い
損と徳
健康と病・・・・・・・

 

二極の対立とも言いますが
常に移り変わって定まらないものに心を留めることが
苦悩を生み出す原因となります。

 

そしてこの差は思考の中で生まれます。
思考には実体がないので
差の世界は実際には存在しないのです。

 

そこをしっかり見極めることが差取り。
すなわち悟り。

 

・・・・・ちいさな蓮の花がちょっとした気付きを与えてくれました。
気付きの積み重ねが悟りへつながります。

 

ちいさな気付きを大切に♪

 

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA