toggle
2016-08-03

いつの間にか骨折は、本当にいつの間にかだった!

 

水曜日はシニアヨガ。
スタート時からご参加頂いているHさんが
こんな話をして下さる。

 

”食事をし終わってね、あぁ~美味しかったって思った瞬間に
違和感があってね、わき腹が痛くなったの。”

 

あまりの痛さに、まずは内科。
診断結果に疑問・・・・
そして整形外科。そしてドクターから告げられたのは・・・・

 

いつのまにか骨折

 

正式名は圧迫骨折。
厄介なことにほぼ無症状、Hさんの場合もそう。

 

美しすぎる背中。。。。

 

maxresdefault

 

桃井かおりさん。
いつの間にか骨折CMへの起用はあまりにもイメージしにくいけど
誰にでも起こりうるってことなのでしょうね。

 

20150131161155590

 

主な治療法が

安静
とんぷくの服用
軟性コルセット着用

・・・で経過観察。

 

うーむ・・・・
シニア層クライアントの新たな敵。

 

いつの間にか骨折

 

これはもう、予防でしか防げないのではないかと思い
シニアヨガ夏講座では対策追加致しました!

 

アイソメトリック

筋力強化+骨密度を上げる・・・・
を高齢者に負荷なく行うためにはベストな選択。
安全、簡単、どこでもできる、そして楽チン♪
毎日楽しく行って頂けるようなルーティンで!

食事内容の改善

たんぱく質がかなり少ない印象があるのと
糖分摂取がかなり多い(汗
好きなもん食べて死ぬでいいわー!
↑この思考をまずはね、まずは変えてもらいましょ♪

健康の三要素

血流
血の質
マインド

ヨガのアサナで改善できることは既に体感済みの様子。
意識を深めること、広げることを目標に。

瞑想

健康の三要素で重要視されるマインドは瞑想がベスト。
ヨガセラピーはこころの科学ですから!

 

年齢を重なると必要なケアが増えますね。
面倒になってしまいがちなのですが、そこはしっかりと
こころの躾を徹底せねばです。

 

できる限り長く人の手を借りることなく自分の力で!

 

これが私が目指すシニアヨガ。
ご一緒しませんか?

 

お問い合わせは
日進アシスト
電話(0561)72-0955

 

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA