toggle
2014-05-07

自分の健康基準は自分で決めよう!

 

こんにちは、ガンツヨガです。

GWも終わりました。
道路の混雑も落ち着き街も通常モードに戻ったようです。
お天気にも恵まれたので過ごしやすかったですね。
皆さんは社会復帰できてますか?

 

暖かくなり夏に向けて身体を鍛え直したいと
お思いの方も多いのではないでしょうか。
運動=健康のイメージ付けが定着しましたが
数値の上での日本人の健康像を
変えていこうという動きがあるのをご存知でしょうか?

 

約150万人の人間ドックのデータを解析した
日本人間ドック学会などが発表した
検査データの新基準のことです。

血圧や血中のLDL(悪玉)コレステロールなど
いくつかの項目で健康と判定される範囲が従来よりも広まったんです。
つまりは今まで異常と判定されていた人も新基準では
健康と判定されることが決して珍しくなくなる。

 

これに対しては専門医からの異論もあるようで
新基準採用までには更なる検討が加えられるようですが、
そもそも基準値ってそこまで重要なのでしょうか?

例えば血圧の高い方
他人の平均値に縛られる精神的苦痛の方が問題じゃないのか?
平均値より少々高かったり低かったりしても
その人にとっての健康値であれば問題ないのでは?
自分の平均値を取ったほうがよっぽど信頼できるのでは?

参考までに・・・・・・

 

2014050300001_1

私は、こんな風に思います。
この数値に一喜一憂してしまう心の在りようの方が
実は問題ではないのかと。
数値は心が作り上げるもの。
原因を正すことなしに
投薬や食事療法をしたとしてもすぐにまた戻ってしまう。

 

その根本原因に気付き
修正する技術がヨーガセラピーにはあります。
自然治癒力とでも言いますか
それがとても心強く希望と安心感を持つことができる。

 

健康な心と身体には自己肯定が不可欠ですね。
ご自分を大切にすること、
簡単そうで難しいけれどゆっくり始めてみませんか?

m_E88BA5E89189

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA