toggle
2015-08-02

高齢者の熱中症・・・・頑固さも原因?

 

こんばんは。
ちょっとしたハプニングで、早めの時間からぐったりのガンツです。

 

ここ数日、酷暑が続きますね。
凄まじい湿気に体力を奪われます。

気温と比例して、熱中症で搬送される患者数も激増。
その現場にたまたま遭遇しました。

 

足元がおぼつかない高齢の女性。
低い石段にも拘らず足が上がらない様子。
やがて尻餅を付いて倒れこみ、鉄柱で背中と後頭部を強打。

 

ビックリして駆け寄ると、かなりの汗。
呼吸も速くて意識も朦朧としてしていたので
近くの方に助けを求め、救急車を呼んで頂くことに。

 

保冷剤と水分で、意識が戻ってきたので話を聞けば
正午近くの炎天下に徒歩。
水分補給できるものも持たず。
自分は大丈夫だと思ったと。

 

救急車到着。

 

絶対に病院には行かない、バスで帰ると仰る。
数十分の押し問答の末、救急隊はバスを待ち
彼女を乗せるまで待機することに。

 

高齢者は暑さを感じにくいと言いますが
いやいや・・・・
時刻は正午。あの酷暑に徒歩で水分なしなんて。

 

毎日1000人近い方が熱中症で搬送されているニュースを
不思議な思いで聞いています。防げるはずなのに。

 

自分は大丈夫・・・の思い込み。
特にご高齢者の、(失礼を覚悟で申し上げれば)
頑固さも要因となるのではと。

 

たくさんの方が親切にお力を貸して下さったことが
なによりの救いでしたが。

 

images

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA