toggle
2018-11-08

身体の立直し|食べなくなったアレコレ編

 

死に損ないのワタクシが、見事に身体を建て直し、
今なお健気に生き抜いているヒントをお伝えしたく、記事に致しました。
本日は口にしなくなったことで体質が(人間性も!?)
変わったと思われるアレコレです。

 

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

生きている心地がしなかった暗黒時代の私は、かなりのアホでした。
もう少しヨガチックに申し上げますと、無智の塊。

まさか食べ物によって心も身体も支配されていたなんて知る由も無く、
体調不良、気分の落ち込みは季節的、体質的、自律神経の仕業・・・・
医者にかかれば原因不明、「ストレスでしょう。」で片付けられる始末。

美人薄命ならとっくにこの世を去っているのに、未だ生きていることが辛い。
身体は鉛のように思いし、些細なことで心がバーストする。

寄らば斬る。

女刺客かよ。

この、低体温、カサカサ、イライラ切れまくり、当り散らしまくり、
2週間に1回倒れる面倒な奴、冷え冷え性悪女がですね
高温多湿(しっとりって意味)、のんびり(ボケてるのかもしれん)
3年間病院行ってない(保険料返してくれ)、ぽかぽか(37度あるよ)
ちょっとイイ子(本人評価)に変わっていったのは、ずばり食べ物!

暗黒時代口にしていたあれこれ
①チョコレート大量摂取
②基本的に朝昼晩パン食
③うどん、パスタ、そうめん、ピザ、お好み焼き
④スナック菓子
⑤スウィーツとコーヒー
⑥外食はイタリアンかフレンチ
⑦コンビニ弁当、飲料水
⑧〆のラーメン

どうやら私はリーキーガット症候群気味だったようです。
リーキーガット症候群についてはこちらのサイトをご参考までに・・・・
★腸のおもしろ話 リーキーガット編

上記の食べ物、口にすることを一切合財やめてみました。
小麦や砂糖の依存性を後に知ることになりますが、
その恐ろしさ、知らないことは罪だとさえ思いました。
身体にとってとんでもない負荷であったと。

とらわれすぎないように、ストレスにならないように、
食べ物を少しずつ変えていった結果、副産物が。。。。。

①常に眠い状態がなくなり、頭がクリアな状態でいられる。
②身体の重さ、だるさがない。
③変な汗をかかなくなり、体臭が消えた。
④イライラ、感情の乱高下がなくなった。
⑤体温が上がった。
⑥生理痛で気絶することがなくなった。生理が整ってきた。
⑦少量の食事で満足できるようになった。
⑧360日お腹を壊している状態が改善された。
⑨原因不明の体調不良がなくなった。
⑩生きている心地がするようになった。

『食べたものでできている。』
本当の意味をようやく理解できたようです。
素材の良いものを摂取するのはもちろん大切ですが、
とらわれすぎることは避けたいと思っています。

朝昼晩、3食を食べることが正しいことだと思っていません。
身体に問いかけながら、その時に必要な量を感謝して頂く。
間違うのは私。身体は常に正しい判断をしているのだから
その声にちゃんと耳を傾ける。

不調は無智の結果であったと気付けたことは本当に幸せなことです。
今日も生きることを許され、命を与えられたのであれば
身体目線で1日を過ごすのは至極当然のことであると今は思えます。

心と身体を繋げるために、ヨガセラピーを日常に取り入れませんか?
ガンツヨガのヨガセラピークラスでは、取り入れやすいセルフケア、
毒舌満載の健康情報、自然治癒力を上げるヨガをお伝えしています。
お近くのクラスへどうぞ♪

追伸:お時間が許せば過去記事もどうぞ~。
★『身体の立直し三種の神器|朝のルーティン編』

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA