toggle
2014-07-10

身の程、わきまえております。

 

こんばんは、ガンツヨガです。

 

我が街にちょっとでも恩返しを!
との思いでエントリーした健康づくりリーダー。
市町村の健康教室などで指導させて頂けるんです。

その登録料は、”無料”
しかーし、これにはちょっとしたカラクリがありまして・・・・・

 

リーダーになるには・・・・
そのリーダーが健康であるかまずはチェックされます。
そのお代金、約7千円也。
結構掛かるのね、ちーん・・・・・(涙

 

私は身体のことを考える上で
健康診断の受診をできる限りしないと決めています。
年齢的に様々な検査のお知らせが届きますが全てスルー。
その結果疾患になったとしても、全て受け入れる心の準備はできています。

 

あんなこと、かえって病気になるんでないの?
・・・・この感覚、恐らく間違ってない。

 

 

リーダー登録に必要な健康チェックに、
身体に負担が掛かるものは見当たりませんでした。
どちらかと言うと、肉体レベルチェック・・・・的な内容でした。

こちらの施設で。↓クリックでHPへジャンプしまーす。
あいち健康プラザ

 

健康科学総合センターと銘打っているだけあってマニアックな施設。
台風が近づいていることもあって参加者は少なめ、とってもスムーズ♪

 

さて、チェックも終盤。
いろいろな機械が身体に取り付けられて自転車を漕ぐことに。

経過時間とともに負荷が大きくなり側に付いているスタッフさんから、
今の身体的状態を数字で表すように言われるのですが
さほど辛くもなく、”平気” レベルで推移していました。

それなのに、看護婦さんらしき人が私の血圧をしきりにチェック。
(これ、締め付けられて痛いんです。血管、ドクドクするし・・・・)
ドクターまでがモニターにかぶりつき、私の顔色を伺う始末。

 

・・・・・ナニ?ナニカマズイ???

 

途中、心拍数が上がりすぎたのが気になり呼吸法で対処。
右の鼻を押さえて、左の鼻で呼吸を繰り返す・・・・
おおっ!即効性を実感できましたがな。
さーっと数値が下がっていきます。
(・・・・が後に、スタッフさんから、鼻が詰まっちゃったんですね~!
と言われて爆笑♪)

 

チェックが終わると、女性スタッフさんが駆け寄ってくる。
”ドクターからお話がありますので、残って下さいね。”
”え?お話って。どこか悪かったですか、私?”
”いえ、まぁ、中高年には良く見られる現象ですから。”

 

中高年。まぁ確かに年齢的にはそのゾーンに入りますが、
面と向かって言われて受け入れられる心の余裕をもてない44歳です。

 

ドクターのお話はこうです。
運動時に血圧が急激に上がったの、医療機関での受診を。
激しい運動はなるべく避けるように・・・・と。
中高年の運動時高血圧。このところ死亡事故が増えているようですが。

 

私は44歳。ヨガやってます。
年相応の生き方をすべしとの教え日頃から気遣ってます。

狂ったようにエクササイズをして、
体脂肪を限りなく一桁に近づけてみたり
数百グラム体重が増減したくらいで一喜一憂してみたり
健康から果てしなく遠い心身状態だった昔の私とは違います。

 

身の程、わきまえてます。

 

”医療機関を受診して下さい” なんて言われたら少々驚きますね。
でも、少し考えたら分かることです。

40代には40代の、50代には50代の
若い頃可能だったことができなくなったとしても
今できることを、有難く楽しむ。
智慧があれば正しく生きられます。

正しいことを見極めて生活の質を上げていくこと
なんだかますます重要になってきたなぁと感じる今日この頃です。

mk6-1

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA