toggle
2016-09-26

秋はデトックスの季節!

 

9月も最終週に入りました。
あっと言う間にクリスマスがきちゃいますよ♪・・・・
こんばんは、ガンツヨガです。

 

秋の深まりを感じます。
最近、ヨガクラスが終わった後
はらはらと大粒の涙を流しているヨギーニたちが。。。。。

 

『特に悲しくないんだけど・・・・』

 

口々に彼女たちはこう言います。
私にも同じ経験があるので少し理解できますが
これは、背負っている荷物を降ろしなさいというメッセージなんですよ。

 

頑張りすぎていると身体の疲れや痛み、不具合に対する
感覚が麻痺してしまいます。

また、ストレス下に長くおかれることで
自分の気持ちを感じたり、言葉で表現することが難しくなる。

 

身体からは、頭痛、不眠、肩こり、耳鳴り、めまい・・・・
様々なサインが出ているにも拘らず
さほど重要視しないことで
この状態が平常となり、やがて症状が感じられなくなる。

 

ストレス下にあることを感じられなくなるのです。

 

やっかいなのは身体に出ている症状で受診をし
血液検査やCT、MRIなどの検査をしても異常が出ないことが殆どだということです。
ところが心身的には重大なダメージを受けている状態なんですね。

 

アレキシサイミア 失感情症

自分の感情に鈍感になってしまうこと

アレキシソミア 失体感症

身体の感覚を感じられなくなること

 

これらは代表的な心身症の症状です。
心身症とはショッキングですよね。
でも、心も身体も限界状態であることは間違いありません。

気付きは修正の始まりです。
客観的にご自分を調べて頂くことはとても大切です。

 

ヨガクラスの後に涙が出てしまうのは

 

カタルシス効果

『心の浄化作用』

 

と表現されるのですが
ヨガセラピーの場合、上記の過緊張の状態が
緊張と弛緩の繰り返しによって弛んだ結果、
涙としてデトックスされたと考えます。

 

いかにご自分が緊張状態にあるのか気付いて頂く。
まずはそこが大切だと思います。
ヨガセラピーにはそのメソッドがあります。

 

副作用のない薬

 

ヨガセラピーには副作用がありません。
効果の高いセラピーですが残念ながら即効性はありません。

 

ゆっくりじっくり
ご自分と向き合う時間を持ちながら
変化していく心と身体を楽しみつつ客観視する。

 

まずは弛めましょう。
弛めニスト、ガンツにお任せを♪

 

手っ取り早いデトックス。
私はこれです↓

 

img_0884

 

わざわざ泣く。
あえて泣ける映画を見る。

 

五行で秋は肺。
悲しみの感情で傷つきやすいとありますが
思いっきり泣いた後のスッキリ感。
その後に湧き上がるエネルギー。

 

・・・・使わない手はないです♪

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA