toggle
2017-08-01

プラーナーヤーマはサイクロン技術に匹敵!?2017年8月の聖句。

 

梅雨が明けてからのほうが梅雨らしかった7月。
記録的な猛暑が続いて、ようやく夏本番となりましたね。

・・・・もうすぐ立秋といわれても、ピンとこない今日この頃です。
さて、2017年8月の聖句も、またまた人生シリーズ。
(寅さんみたいだなー。。。。)

 

 

【この人生に悲しみはつきものだ。
悲しみの連鎖を克服しよう。】

☆私たちの人生は楽しいことばかりではなく、むしろ悲しみの連鎖でもあり、それらを克服して生きるしかない。

☆あなたが抱える悲しみの数々は、これからもあなたに
降りかかってくるだろうから逃げるわけにはいかない。
勇敢に立ち向かい克服して生きてゆけ。

という智慧の言葉です。
『今、抱えている悲しみをどのようにしたら克服できるかを・・・・・』
静かに座して瞑想の中でお調べ下さい。

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

 

今、抱えている悲しみをどのようにしたら克服できるか?

悲しみだと捉えないようにすればいいと思います。
否定的な感情、苦しみ、悲しみ、不安、恐怖、自己否定。。。。
そこにくっついているのが想念。

心には意識がないから、刺激の強いほうへ転がっては、
居心地が良さそうなら居座る。貧乏神みたいに。

 

想念退治には、知性(ブッディ)が一役買ってくれるはずです。
ヨガが日常にあると、ヨガの実践だったり、瞑想であったり、
最近の私なら、プラーナーヤーマ(呼吸法)が心のお掃除を
一手に引き受けてくれている感じ。

もぅね、あれですよ。
ダイソンのサイクロン技術さながらですわ。
めっちゃ吸い取ってくれてるんすわ。ゴゴゴゴゴーッって。

つまり、なにが言いたいのかと申しますと、
変わりゆく心の状態に振り回されないためには、
ある程度のスキルが必要ではないかと言うことです。

 

これは私の場合なので、参考にならないかもしれませんが
プラーナーヤーマー(呼吸法)のスキルを学んだことで、
呼吸を通して自分と向き合い、
呼吸を通して心を見る癖付けができたんです。
呼吸を通して瞑想している訳ですね。

そうすることで、今の自分の状態を客観的に捉えられて
なにが問題なのかクリアになってくるんです。

ホントにもぅ、スケスケですよ。
丸見えです、心。

そこへヨーガスートラや、バガバッドギーターなどの
ヨガの経典を取り込んでいくことで、智慧を与えてもらえると
心の暴走の相手をしなくて済むようになってくる。

心にコントロールされなくなるんですよね。
心は完全に私の手の中にある。
・・・・そんな感じです。

 

『悲しみを悲しみとして捉えないようにすればいい』
なんて、カッコつけてるみたいで恥ずかしいんですけど、
客観的に捉えた時に見えてくる
その悲しみの意味とか、
克服した先にある自分の姿とか、

・・・・・あらまっ!これってなんだか、楽しみじゃないですか?
自己成長のためにある人生の悲しみ。
こりゃ、有難いねー。

よって、私なら

☆私たちの人生は楽しいことばかりではなく、
むしろ悲しみの連鎖でもあり、
それらを克服して生きるしかない。

☆私たちの人生は楽しいことばっかり!
悲しみの連鎖だってワクワクしながら克服して生きちゃうよ。
だって、自分の成長に繋がるんだもの。

☆あなたが抱える悲しみの数々は、これからもあなたに
降りかかってくるだろうから逃げるわけにはいかない。
勇敢に立ち向かい克服して生きてゆけ。

☆あなたが抱える悲しみの数々は、
これからもあなたに降りかかってくるかもしれないけど

時には逃げたっていいよ。独りじゃないしね。
仲間と分け合って、共に立ち向かって、
楽しみながら生きていこう。

 

・・・・添削しちゃって、怒られるなこりゃ。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA