toggle
2018-06-14

ヨガセラピーで心を筋肉のように使おう♪

 

目には見えないし、
解剖生理学的にもどこに位置しているのか分らないけれど
確実に存在している・・・・・それが、

この心が原因で、様々な疾患を引き起こすとさえ言われています。
私たち現代人は、忙しなく頭を働かせ、
必要のないことを考え、悩んでは心を痛めています。

ところが太古の初め、ヨガの歴史で言うところの
自然主義の時代には、人々は心を筋肉のように用いていたとのこと。
つまり、必要な時のみ心を動かしていたようなのです。

心を働かせる必要のない時は、心の動きを停止していた(二ローダ)
この時代、人々は当然のこととして本来の姿に留まっていた。
~ヨーガスートラ1.3

ガンツヨガでお伝えしている、ヨガセラピーでは
『心の影響を超えていく』
ための実践を繰り返し繰り返しおこないます。

ヨーガスートラで言われるところの、
「本来の姿」へ近づいていくためにも
心の静けさを取り戻す必要があるのではないかと思うからです。

*自分らしく楽に生きるヒント*

はヨガの智慧にたくさん残されていそうですよ!
ひとつひとつ紐解いていきませんか?
お近くのクラスへ是非どうぞ♪

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓(いいね!大歓迎です)
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓(フォローお願いします♪)
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★お問合せ&お申込

お問い合わせ・お申込

 

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA