toggle
2015-01-15

秘密の健康法♪

 

こんにちは、ガンツヨガです。

2週間に一度の頻度で倒れていたあの頃は
自分を信じることが全くできませんでした。

 

自己肯定感を点数で表すとしたら10点以下。
予知なく体調が崩れるとこで予定は立たず
仕事もままならず・・・・・・

うらめしく点滴を眺め、情けない思いが押し寄せて、また焦って
全く原因が分からず、そして解決法も分からず、ただ腐っていました。

 

ヨーガと出会って、その原因が明らかになると
みるみる身体が変わっていきました。それはもう奇跡。
それと併せて、ものごとの捉え方が全く変わっていることに
気付くことになりました。

 

病気を作るのは性格。

 

心身相関を唱える医師たちも声を大にして言っていますね。
この記事が参考になれば・・・・・

 

ありがとうが病気を治す
癌にありがとうといえば癌は治っていく。
こう言うと、ほとんどの人から呆れた顔が返ってくるでしょう。
しかし医学的に言ってもそう間違いとは言い切れず
個人レベルでいうなら何千という体験が存在します。

意識と体を分けてばかりでは病気は治ることなどありません。
笑いと感謝でNK細胞の増殖が促されるというのは聞いたことがあるでしょうが、
単にそれだけの問題ではなくさまざまなホルモンの働きが推測されています。

 

怒りはアドレナリンやドーパミンやコルチコイドが増えやすくなり、
それに応じて免疫も低下しかねません。
アドレナリンは血糖値を上げ血圧、脈拍も上昇、
救急のときにはアドレナリンは必要ですが、
慢性的に高いと体は悪くなるのです。
なので指導の時によく病気や症状に対して感謝しなさい、
あなたを良くするために働いてくれているのだから、伝えます。
癌にありがとうと言えと伝えるのです。

 

しかしこの時、一つのコツがあります。
このコツとはありがとうと感謝を述べる=ポジティブシンキングではない、
ということです。これを多くの病者や家族などは理解できません。

つまり重要なことは「一度落ち切ること」であり、
感謝など生じないほどネガティブになり、徹頭徹尾自分や家族が
「己の愚かさを悟る」ということにあります。
そこまでいって、愚かではないことを行動し愚かではない逆転した発想をもつことで、
初めてその感謝はすさまじいパワーを発揮し始めます。

 

「ありがとう」という感謝の言葉で、ガンが治るという奇跡的な生理現象は、
世界の医学界でも認知されています。
心身一如という言葉は有名ですが
厳密にいえば意識は肉体の上位層にあります。
ロンドン大学名誉教授のアイゼンク博士の研究では、
「性格によってガン死亡率に77倍も大差が生じる」、
「性格を変えたら、ガンは10分の1以下になる」
とまで述べています。

 

ヨガの教え

真理に生きるとは、まず「笑い」と「感謝」で生きることである

 

・・・・・こんなヨガの教えがあるのかしら(笑
ヨーガスートラではないと思いますが、調べてみましょう♪

hospital

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA