toggle
2013-05-21

アンジェリーナジョリーの選択

 

こんばんは、ガンツヨガです。

遺伝性のガンを予防する措置として乳腺切除手術を受けた
アンジェリーナ・ジョリーの選択をどのように受け止められたでしょうか?

【BRCA1】という遺伝子の変異があり、
乳ガンが87%、卵巣ガンが50%の発症率と診断され、
彼女の母親が56歳の時に乳ガンで亡くなっていることもあって
リスクを最小限に抑えるための積極的な処置だった・・・・・と。

必ずしも発症することのないガンに対して、
これは積極的な処置だったのか
術後の発症率は5%未満、単純に数字だけで判断できるのか疑問です。

ガンの発症には、遺伝が大きな要因となるのはもちろんのことですが、
ガンを発症しやすい心の癖や生活習慣などの無智が
影響することは知られていません。

元々備わっている自然治癒力を高めることこそ、
予防の積極的な処置ではないかと個人的には考えます。

アメリカ、テキサス大学のMDアンダーソン癌センターの最新の研究でも
ヨガ特有の効果が報告されていることから、
今後、メディカルヨガとしての可能性を強く感じます。

西洋医学と東洋医学をつなぐ架け橋として、ヨガが積極的に
取り入れられることを願っています。

 

images

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA