toggle
2013-08-13

心の栄養

 

こんにちは、ガンツヨガです。

昨日は、私の誕生日。
虚弱で、すぐ病気になっていたから、
天井を見つめていることが多かったし
点滴が滴る様を恨めしく見続けては、思うようにならない
身体にいらいらしてばかりでした。

ヨーガに出会ってから、病気を引き起こす原因は無智だと知り
二週間に一度倒れていた間隔が、一ヶ月、半年、一年と
長くなるにつれて、体温が上がり、暴れていた呼吸が落ち着き、
身体の中にしっかりとした幹を感じられるようなると
穏やかな気のようなものが心に流れていることに気付きました。

 

”もう大丈夫”

 

いつも不安で落ち着かなかった心は、
とてつもなく大きな安心感に包まれて
やがてはこんな風に考えるように。。。。。
ほんの少しでもいいから、人様のために、世の中のために
役に立てる生き方がしたい。

 

数日前、図書館に篭もりっきりになった時、この本を見つけました。
ダライ・ラマ14世の『いのちの言葉。』

 

そして私にとってのいのちの言葉・・・
心の栄養になったのはこちら。

【人は誰でも、生まれるときと死ぬときには人の世話になります。世話にならずにすむ時期はせめて、人のために尽くすべきです。】ダライ・ラマ14世

IMG_3340

大したことはできないけれど、ただ無心にヨーガの智慧を
お伝えすることに専念したいと思います。

44歳の誓い♪

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA