toggle
2018-07-03

病気を手離そうとしない心の奥の奥

 


↑ 心が常に晴れやかで穏やかでありますように・・・・

病気の状態でいた方が本人にとって都合がいいことがあって、
症状を温存させているのではないかと仮説を立ててみました。

それでは何故、病気を手離さないのか?
理由は具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

まずは、心理カウンセラーの方のお言葉をお借りして・・・・・

・症状があることを理由に、家族等を支配し続けることができる。
・自分がしたくない仕事や活動をやめるための口実。
・現実逃避のための手段。
・あきらめの表現

心の奥底に、無意識だとしても上記のような心模様が働くのであれば
受け止める側も、そしてご本人の自己肯定感にも影響があると推測できます。

ヨガセラピー的アプローチとしては、上記のような心模様を、
ご本人がしっかりと認識されるところまで寄り添っていきますが、
その際に大切になってくるのが人間の構造論です。

心と身体、心身相関のもう少し奥の奥・・・・
人間の構造論は複雑そうだけれど、とてもシステマティックだったりして
知れば知るほど興味深いものです。

ストレスで押しつぶされそうになったり、気持ちが不安定になったり、
病気を引き起こしたり、自分を否定し続けたり・・・

「私」本来の状態から引き離す原因となるもの、不調和なものを
気付きの力で整えていく・・・・それがヨガセラピーのアプローチでもあります。

病気を手離そうとしないのは身体そのものなのか、心なのか、
それとも記憶なのか。起きている不具合をどのようにしたら整えられるのか、
ご一緒に調べていきます。意外な気付きに驚かれる方も多いです。

人間五蔵説で私たちを構成している5つの身体について
次回まとめてみますね。

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
http://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
http://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA