toggle
2020-06-09

脂肪は語る・・・

 

『脂肪=悪』

こんな風に捉えていらっしゃる方が大半かもしれません。
生活習慣病との関係が切り離せないけれど、
脂肪は100%悪ではない訳で。
肉体面での役割では下記のような内容が挙げられます。

【脂肪細胞の役割】
脂肪細胞とそこに含まれる脂質には以下のような働きがあります。
・ホルモンなどの伝達物質の生成、分泌
・衝撃を和らげるクッション
・体温の保持
・エネルギー源の貯蔵庫
・ビタミン類の消化、吸収、運搬
・細胞の構成成分(細胞膜)
・内臓の位置を保つ

ざっと見てみると、脂肪には”守る”働きが目立ちますね。
精神面においても、脂肪が『守る』働きを表わすことがあります。

本日のダルシャナ(カウンセリング)ではここがクローズアップされました。
年々体重が増え続け、股関節に負担が掛かるようになってしまった。
ストレスかな?の意識で過ごされていましたが、ダルシャナの結果
もう少し深いところで、ご両親に対する消化しきれない想いが
原因であることが判りました。

伝えてしまえば楽だけれど、両親を傷付けることになるのでは。
自分が我慢すれば全てが巧くいくはずだから心に納めておく。
今さら何も変えられないから。どうしようもないから。
自分だけ好きなことをするわけにはいかないから。

自分よりも、まずは家族のために。
長い間、ご自分を置いてけぼりにしていたことに気付かれました。
当然、心と言いますか、精神は剥きだしの状態ですから、
何かしらのケアを求めて症状として表わしてきたり、
精神面でご自分を攻撃する手段に出たりして
随分と苦しい思いを抱えてこられたようです。

意識を向けないようにしてきた心と身体の不調に対して
ご自身を『守る』・・・・優しく、大切に、包み込んでくれたのが
脂肪。。。。。。だったようです。

ヨーガ療法ダルシャナ(カウンセリング)ではご本人の
気付きを大切にしています。意識が向けば変化が生まれる。
全てを変える事は難しくても、小さな気付きを重ねていく先に
ご自身にとっての”何か”を得ていただけるのかもしれません。

身体は心を語ります。

まずは身体を軽く動かしたり、呼吸を感じたりすることで
ご自身の心へアプローチしてみましょう。
ヨガセラピーが優しく寄り添ってくれるはず♪
お問合せはお気軽に。

****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約はこちら↓

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA