toggle
2019-04-08

どん底だと主張する人を前にするとヨガがやけに沁みる。。。

 

気を抜くと涙が溢れてしまう。
なんでもかんでも否定的に捉えてしまう。
身体と心がバラバラ。
負のループから抜け出せないでいる。

今まさにどん底という人を前にすると、
ヨガのありがたみを再認識することになる。

その苦しみの種は執着。でも、手離せないからまた苦しい。
自分が「今」にいないから、心がいつも彷徨ってしまう。

縛り付けておくことができないのが心だけど、
「今」に引き戻す術があれば、
心が囚われていることに気付けば、
執着を手離すきっかけが見つかる。
・・・・・とワタシは思っています。

ざわつかない心と繋がれるようになったのは、
ヨガを通して自分を客観視するようになったから。
客観視をするには「今」を意識し続ける忍耐が必要だけれど
自分を知っていくというのか、本来の自分に還っていく感覚は
なんとも言えない幸福感もあったりで。

ヨガのゴールは解脱!?・・・・とても無縁だと思っていたけれど、
日々の小さな気付きの積み上げこそ、
囚われの自分からの解放じゃないかと思うのであります。

意外と真面目なガンツです。
どうぞ会いに来てくださいませ♪

****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA