toggle
2019-09-26

肥満症とヨガセラピー

 

「そんなに食べていないのに太っていくんです。」
そう訴える表情は複雑。
努力しているのに結果が出ないことに腹立たしさもあるし、
取り組んでいる方向性が間違っているのか不安もある。

肥満が引き起こす疾患は驚くほど多くて、
様々な病の種の発芽リスクを高めてしまうから非常に厄介です。
欧米化、偏った食生活が肥満の原因と考えられるので
肥満外来では食事の改善をまず求められるとのこと。

食べることを制限される時のストレスは考慮されているのか。
実際、通院をされているクライアント様からのヒアリングからは
感じ取ることが難しく思われたけれど、なぜ食べてしまうのか
ここに潜む誤認知を明らかにする必要性を感じます。

ヨガセラピーのアプローチとしては、
『食べる』行為に伴う心理作用を丁寧に紐解いて、
食べる=悪ではないことを
ヨーガ療法ダルシャナ(カウンセリング)で理解していきます。
同時に優しいレベルのヨガにも取り組んでいただいて、
身体を動かすことで肉体がいかに粗雑な存在であるのかを知り、
ご自身が心と身体だけではない存在であることの理解を深めます。

その方法のひとつとして、
プラーナーヤーマ(ヨガの調気法・呼吸法)を行いますが、
肥満症の方の呼吸が非常に速い共通点が明らかになりました。
呼吸を速くさせている緊張感や呼吸の癖などにもアプローチします。
呼吸の変化を感じられるようになると、徐々に身体にも変化が見られ、
やがて心への影響をもたらしていきます。

誤認知が修正されて、生活の質を変えていく認知へと変化する。
西洋医学的対処療法にヨガセラピー的心理療法を併用して
心と身体、そして霊性の部分へのアプローチを施していくと
クライアント様自身に様々な気付きが生まれるようです。

ヨガセラピーは副作用のない薬。
即効性はないけれど、心と身体へやさしく届きます。

ガンツヨガでは肥満症でお困りの方へプライベートセッションを
お奨めしております。ご不明な点は下記お問合せフォームより
お気軽にどうぞ。

****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約はこちら↓

 

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA