toggle
2018-11-04

プラーナーヤーマベーシック講座:最終日

 

5時起床の私には、朝がとにかく暇なので(実践前は空腹でなければならず・・・・)
近場散策が楽しくって♪本日は足羽山へやってきました。


春になると見事な光景になるんだろうなぁ・・・・
咲いていない時にも趣があるけど。

色づき始めたもみじ。黄色と緑のコントラストが美しい♪
観光地へ行けなくても、それなりに楽しんでます。
さて、最終日!しっかり学んできます。

昨日までに得られた気付きや変化、疑問等のシェアからスタート。

①「リラックス」とは何となく感覚が違うけれど、
深い静けさにあると、
客観視の質が変わるか?
②感情の削ぎ落とし、いらない感情を手離す感覚が得られた。
③レギュラリティについて。規則正しくおこなうこと=毎朝の実践
でやっていたつもりだったけれど、「感じ取ること」が抜けていた。
ただ消化していただけだったと気付いた。
④息を吸いきった後、吐き切った後、ほんのわずかな間がある。
これは何?呼吸のカウントを変えるべきか?

上記の内容をお伝えしました。
ひとつひとつ丁寧に答えて頂いて、腑に落ちました。納得。
特に③に関しては、講座への参加を決めた想い=「謙虚さが足りない」
の答えだったと思います。

いつの間にか慣れてしまって、ただ実践をこなす状態になっていたようです。
呼吸を感じる、自分の内側を深く内省する・・・・が抜けていたから
「謙虚さが足りない」と内側の自分が感じ取っていたのかもしれません。

たくさんの気付きと学びがありました。
前回があまりにも酷かった・・・・心身ともにコントロール不能で
とにかくバタバタしていた印象だったので、自分の落ち着きっぷりに
少々驚きをおぼえるも、なんだか頼もしいなぁ♪なんて。

【呼吸を通して自分を知る】

プラーナーヤーマを学ぶ前までは、自分を理解するための術を知らず
暴れるがままの心が、自分自身だと誤認知をしていました。
ヨーガスートラの中に、「心は自分ではない」との明記があっても
実感がまったく湧かなくて、それは次元の高い人の感覚ではないかと。

この3日間で、「心は自分ではない」、この理解が深まったことは
大きな副産物だったと思います。プラーナーヤーマを実践していると、
自分に還ってくる感覚があったのも、心を単なる道具として捉え、
そこに感情を伴わないことで、本来の自分に至ることができる
と実感できたからではないかと思います。

それにしても、素子先生は忍耐強い。
急かすことなく、個人個人のスピードを大切に寄り添って下さる。
些細なことにも丁寧に対応される姿勢は、師との信頼関係がベースにあって、
ヨガやプラーナーヤーマに真摯に向き合い、カルマヨガを実践されている・・・・
心から尊敬します。また学びの機会に恵まれることを願って。


3日間見守って下さった神さま。

斎藤素子先生のスタジオHPはこちらから
★ヨーガ&ウエルネスチャンドラ

そして前回のダメダメ奮闘記、最終日の模様はこちら
★プラーナーヤーマ集中講座後の自分が別人になっていた件

 

*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;*****☆♪☆;

★クラス情報&イベント案内↓
https://gunzyoga.com/event/

★クラスについての詳細はこちら↓
https://gunzyoga.com/class/

★Facebookページ↓
https://www.facebook.com/gunz.yoga/

★ガンツヨガインスタ↓
https://www.instagram.com/gunzyogagem/

★クラスについてのお問合せ、ご予約

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA